統一地方選2015年 大阪府議選開票結果

堺市西区 定数1−候補2 (選管確定) 投票率46.96 平成27年4月12日執行
得票数
   氏 名 年齢 現職肩書き 所属 現新別 当選回数
    25,023       釜中 優次 50   府会議員 自 民 1

 皆様方の厚いご支援、ありがとうございました。


更新情報

当選御礼

皆様の熱いご声援を頂き、2期目の当選をさせて頂く事が出来ました。
期間中大変なお世話をおかけ致しましたが、皆様方の心を心として初心を忘れる事無く、大阪府発展の為 尚一層の努力を重ねる所存でございます。
 今後共ご支援とご指導を賜わりますよう
何卒よろしくお願い申し上げます。

本当にありがとうございました。






11月21日 府庁にて、竹山堺市長と




10月11日(木) 教育常任委員会において、・志を持った教員の確保について ・小中学校の民間人校長の任用と効果について ・教育現場における多忙化解消について ・道徳教育の教科化、教育課程特例校制度や研究開発学校制度を活用し、「心の教育」の推進について 10月17日(水) 私立授業料支援制度について 知事に質問致しました。

http://www.gikai-web.jp/dvl-osakahu/
↑左側の教育委員会をクリツクして頂き、日にちで検索下さい。



初一般質問を終え・・
自由民主党議員団を代表しての一般質問であったにも関わらず、他党の方々からも、励ましの言葉と多大な声援を頂き、議会人にとってこれほど幸甚に感じれた事、感謝の念にたえません。微力ながらこれからも府民の皆さんのお声を真摯に受け止め、府政へと反映されて参ります。

http://www.gikai-web.jp/dvl-osakahu/
早速インターネット中継に載せて頂きました。


平成24年10月2日 初めての一般質問の機会を頂きましたので、危機管理体制、都市インフラの維持管理、槇尾川の治水対策、救急医療体制、道徳教育のさらなる拡充、警察署の新設等にしっかり質問して参ります。


2013.9.23
秋の全国交通安全署長に任命されました、斉藤 雪乃さんが浜寺公園での交通安全イベントにご出席下さいました。

自由民主党 大阪第17選挙区支部 勉強会にて 「参議院議員 片山さつき さんと語る会」 24/7/27



東日本巨大地震・津波災害で被災された方々に
心からお見舞い申し上げます。
自民党は全国そして世界に広がる支援の「絆」
とともに、全力で復興に取り組んでまいります。




橋下知事の掲げている、維新の会の理念「大阪都構想」
その構想の中で堺市がどうなるか?

堺市は3つの別々の市(区)に分割(大阪市は8か9に分割)
「今は区が7つあるから3つの区に統合されたら効率的でいいのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれないですが、(平成18年に)政令指定都市になったことで、一つの堺市の下に、7つの区があるだけで、市長一人で行政の母体も一つであります。(出先機関として市民の身近な所に身近な部門だけを区として置いているだけ)

東京の特別区は、「区」という表示は同じですが、政令指定都市の「区」とは違って、他の市町村における「市」と全く同じ権限を持つ。(区長も市長のように選挙で選ぶ)

堺市が3つの区になるということは、3つの別々の市になるのと同じことであります。
1市で効率的に行政をしている市が3つになれば、経費がよけいにかかる、というのは、議会も3つに、総務や人事、財政、電算システム、という行政の中枢となる基本部門もすべて別々の組織として3つになる。1つよりも経費がかかることは火を見るより明らかだと思います。

しかも、それが未来永劫つづくこととなれば、取り返しがつかない事態に陥る事も考えられます。
(3つの市の本庁舎も改めて建設することになればもっと金がかかる事にも)

経費をかけてでも、やりたい理由を
橋下知事は人口が80万人というのは大きすぎるとか、これから地域主権を主張するには市としてまとまりができないとか漠然とした言い方しかしていない。

なぜ大きければダメなのか?説明が全く無い。

組織というものは、機能的に動くのであれば統合集約できるほうが経費は絶対に少なくて済むに決まっている。
平成の大合併と称して、ここ数年総務省が必死になって市町村合併を進めてきたのもそのためではなかったか。
もとは約3300もあった市町村が、今は約1800に減った。
そのことで、年間約1.8兆円(総務省発表)の国の経費が(今後毎年)削減されつづけてる。
(1自治体の規模が大きくなったとはいえ、国が地方交付税を支払う自治体が少なくなったから)

だから都道府県も47じゃなく、10ぐらいに集約すれば(道州制)もっと効率的になる。
昔は、道路網や交通機関も整備されておらず、電話や電気通信網も脆弱だったので、距離的に規模が大きくなれば統制や管理が困難だったが、今はそれらが整備されて距離的な概念が、昔とくらべてはるかに近くなった。
だから、もっと大きな県(→州)になっても大丈夫で、それによって府県も統合して贅肉を落とす事が出来るし、国の出先機関やよく天下りで話題になる独立行政法人も廃止統合できるので、国も地方も公務員を減らすことができる。

橋下知事は当初、自民党が推進する、この道州制に賛同していた。
なのに、最近は全く方向転換して、大阪都構想を言いだした。
(自分が一番とばかりに他の知事と簡単に喧嘩した弊害か?)
本当なら大阪府は、大阪市とじゃなく、一極集権型の政治システムを変え、近畿圏である、和歌山や奈良、兵庫、京都、滋賀等とくっついて、大きな州となり平成の大合併の時以上に地方分権を進め、地方も国も元気になって行かねばならない時である。
最終的には、道州制とも発言しているが、言っている事とやっている事の方向が全く真逆!
何故、今この進んだ時代に、合併じゃなくて、分割?

「大阪府と大阪市の二重行政解消」については、昔から二重行政は指摘されていたが、堺市においては二重行政など見当たらない。大阪市の二重行政も、それぞれの事業を見直して統合すればいいだけの話で、大阪都にする理由とは観点も論点も違うのではないか?

そもそも知事がありがたがっている、東京都でも特別区のあり方は、以前から議論になっていて、一般の府県のように戻そうとする動きもある。東京都が発展したのは、首都機能が集中したからで、特別区にしたからでは無いのではないか?

もし、この議会にもかけられずにいる、大阪都構想の全容を知事がちゃんと説明もせず、人気だけで、維新の会が多数会派を勝ち取れば本当に恐ろしい。正確な情報を知らずに、人気だけで維新の会に投票して、議会で「民意を得た」という大義名分の元になんでもできるようになってしまう。

本当にこんなことでいいんでしょうか?
パフォーマンス政治でいいんでしょうか?
なくすな、政令指定都市・堺


    堺市西区に新風を !!





リ ン ク 集





Strass Swarovski Crystal Ball Marker

 

小山内 護プロ、上原 彩子プロ、元阪神タイガース 遠山 奨志さん
も愛用されています。

お問い合わせ

ASAHI GOLF CLUB SHIRAHAMA        
First Avenue Tel 0739-47-4848

 ↑ クリックすると、ファーストアベニューのHPにジャンプします。 


お知らせ